HIVは聞いたことがあってもどういうものかわからない、ましてやそれの検査なんてもっとよくわからないという人が多いと思います。HIV検査は病院以外にもキットなどで行うことができます。

ポゼットで早漏を治し、決めポーズをする男性

下部のにおいが変わってSTDを疑ったらHIV検査も

STDとはSexually Transmitted Diseasesの略名で日本語では性感染症といいます。そして性感染症とは性交渉によって感染する病気の事です。例えば 性器クラミジア感染症、 淋菌感染症、非淋菌性尿道炎、HIV感染症、B型肝炎、A型肝炎、C型肝炎、梅毒、腟トリコモナス、 性器カンジダ症、性器ヘルペス、 尖圭コンジローマ(ヒトパピローマウイルス)、ケジラミ症など聞いたことがある病気もあると思います。STDは無症状で病気が進行してしまうことがあり、悪意がなくてもパートナーに病気をうつしてしまう可能性があります。また不妊の原因になったり、出産時に母子感染を引き起こすこともあります。さらにSTDに感染していると粘膜に炎症を起こしているため抵抗力が低くなり細菌やウイルスが侵入しやすくなり、HIVに平均で2~3倍以上かかりやすくなるともいわれています。不安に思うことや、陰部の腫れ、痛み、痒み、炎症などの症状があった場合は、迷わず病院へ行き検査をしてもらいましょう。また、全国の保健所では無料・とく名でHIV検査を受けられます。HIV抗体検査は感染した機会から6~8週間以降に抗体が現れるので、疑わしい性交渉後3ヶ月以上してから検査を受ける事を推奨されています。 HIVを完治させることはできませんが、早期発見早期治療することによってHIVに感染してもエイズの発症をおさえることができます。症状がないのに病院には行きづらいと思うときは、おりものの様子を観察してください。STDの中には無症状だけど性器やおりもののにおいで感染症が疑われるものもあります。例えば女性の場合、膣カンジダ症を発症すると、白いヨーグルト状の鼻にツンとくる強い臭い、悪臭を伴うおりものが出ます。よくカッテージチーズに例えられることがあります。膣トリコモナス症に感染すると淡黄色のおりものが出ます。匂いは強く、泡立っているのが特徴です。淋菌感染症に感染すると黄色みがかったおりものが出ます。しかし膣トリコモナス症のような泡立ちはありません。最近では郵送によるSTD検査キットもあります。尿、膣分泌液、うがい液を自分で採取し、クラミジアや淋菌の検査ができます。また採血キットでHIV検査、B型肝炎検査、梅毒検査などが行えます。大切な人が出来たとき、不安に思う事があったとき、自分の健康管理の一つとして勇気をだして検査をしてみてください。