HIVは聞いたことがあってもどういうものかわからない、ましてやそれの検査なんてもっとよくわからないという人が多いと思います。HIV検査は病院以外にもキットなどで行うことができます。

ポゼットで早漏を治し、決めポーズをする男性

HIVは風邪に似ているが、不妊治療にはHIV検査を

不妊治療の前にはHIV検査が必要「エイズ(AIDS)」とは日本語にすると後天性免疫不全症候群であり、Acquired Immune Deficiency Syndromeの略称です。一般的にはこの「エイズ」の名で知られています。HIVウイルスに感染すると、免疫細胞を破壊されてしまいます。HIVに感染した状態だけでは、まだエイズとは言えません。発症して初めてエイズ感染者となってしまいます。エイズは不治の病として恐れられてきましたが、医学も随分と進みHIVに感染したとしても、一生発症を遅らせることが可能となっています。エイズが発見されたのは比較的新しいため、そのため研究が進んでいないという事実もあります。もしかしたら近い将来、エイズの特効薬が誕生するかもしれません。

話を元に戻しますが、もしHIVに感染してしまうと、どういった初期症状が出るのでしょうか。それは風邪に近い症状だと言われており、そのため「ただの風邪だ・・・」と勘違いして気付かないという人も多いのです。HIVに感染しているかどうかの検査は簡単です。血液を採取し、数日間待てば直ぐ結果が分かります。即日で結果を出してくれる検査もあったり、自宅で自分でできる検査キッドもあります。病院の検査ではしっかりと匿名性も守られていますので、もし気になる方がいたら、勇気を出して検査することをおすすめします。

現代の世の中では不妊に悩んでいる夫婦やカップルは多いですが、不妊治療の際にHIV検査は必ず行います。万が一母体が感染していたら大変だからです。エイズやHIVは非常に恐ろしい病気ですが、意外と知られていないことが多く、恐怖心が煽って誤解されてまま伝わっているということもあります。例えばHIVに感染している人がいたとして、その人と一緒に生活していたとしても、それだけで感染することはありえません。実はHIVウイルスは1度感染してしまうと、とても強いウイルスと言えるのですが、感染させるには弱い一面を持っています。HIVの感染理由の1つに「性交渉」が挙げられますが、HIV感染者と性交渉を行ったとしても条件が重ならないと移りません。感染者の血が、非感染者の体内に入り込まないと感染はありえませんので、例えば身体に相手の血液がついただけでは何ともありません。例えば自分の性器に傷口があり、相手も同様で、お互いの傷口が重なり合って、ようやく感染の可能性が生まれます。このため感染者との性交渉によるHIV感染率は1%未満とも言われています。しっかりとした知識を持つことからエイズに対しての予防が始まるのかもしれません。